セレクトショップからのダイレクトメール

セレクトショップからのダイレクトメール、このところ一切我が家に届かなくりました。主婦になってあまり頻繁にお買物に行けないと言うのが理由の一つなのかもしれませんが、それに代わってスマホには、メールマガジンが毎週届く様になりました。セールなどの案内はがきも来なくなったので、ちょっと寂しい気がします。担当者さんの、一言添えてあるおハガキや、おしゃれなお店のハイセンスな絵葉書は、ついつい冷蔵庫や額縁に入れて飾っておきたくなるくらい写真にしろ、イラストにしろクオリティが高かったのに、それを見て自分自身もテンションが上がっていたのに、ちょっと残念です。ペーパーレス時代だから、ネット配信にしていると言われれば正論ですが、一斉配信で何も心がこもっていない、そんな形だけのメールもなんだかとても味気ないものですよね。

ダイレクトメールの印刷はネット通販で依頼する

経費を少しでも削減したいと考えているときは、インターネット通販でダイレクトメールの印刷を依頼するとよいでしょう。豊富な実績と経験、そして確かな信頼を持っている業者さんが、リーズナブルな料金で高品質の印刷を行ってくれるので、大切な印刷でも安心してお任せすることができます。また、印刷だけではなく、ダイレクトメールの発送までトータルで依頼したいときも、インターネット通販を利用することで、リーズナブルな料金で依頼することが可能です。問い合わせから見積もり依頼、注文までの流れもシンプルでわかりやすいから、初めてインターネット通販で依頼するときでも安心です。ちなみに、自分たちでデザインを用意できないときは、希望に合わせてデザインも行ってくれますので、気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。見積もりや相談は無料ですし、高品質のダイレクトメールを安く依頼できますので、コスト削減を目指しているときは見逃せません。

ダイレクトメールの効果

お店の業績がなかなか上がらない、と模索中のおみせはダイレクトメールを作成してみることをオススメします。本当に読まれるのかや、高そうというイメージがありますが、使用してみるとお客様のレスポンスは把握しやすいです。千枚送って、三人から十人のお客様の戻りがあるといわれています。読まずに捨ててしまうという方も確かにいるでしょう。そういった方やレスポンスがあまり期待ができないという方には、次回には送らなければ良いです。ダイレクトメールは宛先を選ぶことができます。確実なお客様に送れば、売上は伸びますし、常連さんに送れば話のネタにもなるでしょう。また、新規開拓にも役立ちます。何割のお客さんがダイレクトメールを読んで、来店されたのか把握がしやすいので、客数や売上を上げる戦略としても使いやすいのではないでしょうか。