ダイレクトメールを作成するコツとは

ダイレクトメールは企業のサービスなどの案内を伝える時などに使う方法が多く、サイトなどで情報を出すよりも効果があります。作成をする時は部数を確かめて料金を安くできる方法を探し、発送にかかる費用などの見積もりをしてから決めると効果的です。ダイレクトメールははがきや封書など相手に内容を伝えやすい方法を考え、興味を示してもらえるようにすると企業の利益につながります。発送をする時はサイズによって料金が変わるため、圧着はがきを使うとサイズを小さくでき多くの情報を伝えやすいため人気が高いです。ダイレクトメールを作成するコツは相手が読みやすいように文字の大きさや周囲のデザインを決め、かかる費用に見合った効果を出せるように考えることです。郵送で伝える方法は費用がかかるものの確実性があり、昔ながらの方法なため人気があります。

安くダイレクトメールを送る

ダイレクトメールには様々な方法があります。郵送を使ったり、FAXを使ったり、eメールを使ったりとどれが効果的か分からなくなってしまいます。値段だけをとるのならば、eメールのダイレクトメールがオススメです。一通あたり二円から三円程度で送ることができます。Webのホームページをお持ちなら、合わせて利用することで相乗効果が見込める可能性があります。内容さえ決まっていれば、即日打ち込みを行うだけなので、楽にできます。次に安いのはFAXでのダイレクトメールです。FAXで送信した場合は読まれる確率が高いです。メeメールだと開封せずに消してしまう場合もあるので、FAXだと必ず目に触れるので、読まれる可能性は増加します。一通あたり10円から20円程度で送付することが可能なので、比較的お財布にも優しいと言えるでしょう。

印刷から発送までしてくれるダイレクトメール

何百、何千通というダイレクトメールを送付をするには膨大な時間と労力がかかります。自社で広告や案内を全て印刷し、枚数確認や宛名ラベル作成、封筒の場合は手作業で封入作業というように貴重な勤務時間を一日まるごと費やしてしまうでしょう。インターネットには、印刷から宛名印刷、更には郵便局への発送代行までダイレクトメールに関する一連の手続きを全て請負う業者が存在しています。発注側がしなければならないことは、ダイレクトメールに印刷してほしいデータと宛名リストを送ることです。あとは、専門の業者が手早く、間違いのないDMを製作してくれるのを待つのみです。印刷物の予備も貰えるので、中身もしっかりと確認することもできますし、郵便局での発送が完了した際には通知があるので安心です。宛名リストの中に重複した宛先がないかというチェックも行ってくれるサービスもあります。